子規

2018年02月16日

(仮称・廃隧道)鴨川市天津の明治隧道(その1)

先日(2月14日)にmayaさんの記事『天津の隧道・・・・サードアタック1』が出て、
yakumoさんも『鴨川市天津の明治隧道(廃隧道)』を出して下さって…
当方がサボっていていいのだろーか? と思い、本日はこれまでの様子を簡単にまとめてみました。


[1]
180216_8744
↑まず、当方が最初にこのプロジェクトに同行させてもらったのが…この時(2014年11月23日)
 なんと!当方が知らない頃(2013年)から既にこのプロジェクトは始まっていたのでした。


[2]
180216_8771
↑そして、当方が同行させていただいた2014年11月23日の坑口前の様子。大荒れだーw
 因みに…目の前に埋もれている隧道は延長200m位で、反対側も完全に埋まっている!
 だから、とりあえず(掘り易そーな)こっちの坑口(西側)を掘り起しをするのでありました。


[3]
180216_8783
↑掘り起こし作業中…。 ボクは撮影中…。(^-^; ←(オマエも体動かせよ!)


[4]
180216_8790
↑大量に降り積もった小枝をようやく退かして、やっと出て来た土砂の層。ここからも大変な作業だった。


[5]
DSCN8822
↑意外と固い土砂を掘り進めていくと…突然「あらっ!?」って感じで地中に空間が開いた! (゚∀゚)坑口開いたぁ~


[6]
180216_9064
↑しかし、その数日後…雨や雪が降った後にまた塞がってしまった。(;´Д`)


[7]
180216_9058
↑そうそう、坑口前の全景をどーぞ…
 と思っても…これ以上引いて(後ろに下がって)撮ると、倒木で何だかワカラナイ画になってしまうのであります。


[8]
180216_9065
↑ついでに、その坑口前から取付き道を振り返った様子はこんな感じ。
 坑口ばかりに気を取られて後ろに下がると大変な事になります。(当方は一度落ちました。)f(^-^;


[9]
180216_1809
↑最後に、反対側(東側)の様子もどぞ~。
 あの先、画像中央に居る人(パパゲーノ先生)の辺りに坑口が開いていたと思いますが…ダメだこりゃw


と、ゆー訳で…本日は他力本願で申し訳ないですが…ご紹介致しました。
因みに、この近くにJRの『大風沢隧道』が在るので…
今回の物件は『(仮称)大風沢西隧道』とでもしておきましょーか…?
ぇぇ?…はいぃ~…そーなんです!「西」が在れば「東」も在るんです!! 東は取材済なので、またいづれご紹介します。
皆様、いつもありがとうございます。m(_ _)m

tunnel_makiki at 12:22|PermalinkComments(2)