現役隧道

2018年04月05日

10002-1 (仮称)守谷海岸隧道

2012年4月初旬、パパゲーノ先生と千葉県勝浦市の守谷海岸に“超短い隧道”を見付けちゃったんスねぇ~(゚∀゚)  ご参考⇒【パパゲーノ先生の記事
それから6年も経ってしまったけど…先日、ふと思い出して(ちょうど今頃だったので…)当方も記事にしてみました。↓


[100]
100-1069
↑2012年4月1日 我がトンコレёですっかりお馴染みのパパゲーノ先生とチャリ(自転車)で千葉県勝浦市の『守谷海岸』をウロウロしていたのだが、
 【現在地⇒Googleマップ】 この先に“超短い隧道(トンネル)”を見付けて驚いていた。 もちろん、地形図やネット地図にも載っていない!


[101]
101-1719
↑それから数日後、これまたお馴染みdoodoongooさんにもわざわざ神奈川県のからコレだけを見に来てもらった…。


[102]
102-1071
↑まぁ…ここに来れば、誰もがコッチへ行くでしょう…。(^-^;


[103]
103-P1073_censored
↑いつも不思議に思うのだが…何故か大抵殆どの人は海に近づきたがり、水着で無い場合でも水際ギリギリまで行きたがる…。
 パパゲーノ先生「まききё君よー、何ビビッてんだよ~早くー」  まききё(当方)「ぁ…ぁ…ぁのぉ…その…ガクガク(((*´Д`)))ブルブル…」 
 当方は海に近い所(←そんなに近くも遠くもない)で育ったからなのか…あまり海には興味が嫌い。(←あらゆる工業製品が錆びたりトラブるから近づきたくない…といった下らないな理由も大きい。)
 だから、今までここには来た事は無かったのでありーす。('◇')ゞ


[104]
104-1074
↑一瞬、パパゲーノ先生が下を向いたまま止まった(固まった)!?  そーか!足元に無数の《フナ虫)》が動き回っていたんだな~。(・ω・ノ)ノ! 《元に戻す》
 陸上のオオゲジに相当する気色悪く思われる虫で…(←といっても、人間に危害を及ぼす事は無いし、素早く逃げて行くけど…)
 その昔、海岸の洞窟に入ったら最奥部でフナ虫がウジャウジャ密集して素早く動き回るのを見て、当方は腰が抜けたのを思い出した…。f(^-^;


[105]
105-1720
↑さて、少し進むと…もう見えちゃった………Σ(°Д°;)アレ、何んだーーー!?


[106]
106-P1722_censored
↑先ほどから歩いているのは、特に道でも無く“断層の歩きやすい所を歩いている”のだが…何故かこーゆー橋が設置してあって…実質、道となっている。
 そして、その先には…どー考えても隧道(トンネル)だよねぇ? ヾ(゚∀゚)


[107]
107-1726
↑あれまー本当に隧道だよ! それも、超短い!人道サイズ。 そうそう…トンネルや穴が好きな人は、左奥の暗闇が気になる方も居らっしゃるでしょう…?
 なので、《覗いてみた。)》 まぁ特に覗くまでも…そーゆー訳でした。f(^-^; 《元に戻す》


[108]
108-1414
↑しっかし…トンネルの前にこーゆーイカした橋っつーのも萌えますゎ。ヾ(゚∀゚)ノ


[109]
109-1404
↑もちろん、前を向くと…この絶景!! 定番だけど…「トンネルを抜けたら●●だった。」の“ト”って言い終わるかその前に抜けてしまいそーだ。(笑)


[110]
110-1417
↑(超早口で)トンネルを抜けたら海た ゛ っ ……(時間切れ)


[111](上:進行方向 下:振り返り)
111FIRST-P1728_censored
doodoongoo監督「早口で何言ってんのか聞き取れなかったから…ハーイ、もう一回撮り直し」と言われそうな短さ。こりゃー面白い(゜o゜)  抜けて振り返ると…↓
111LAST-1094


[112]
112-1441
↑何層にも重ねたアップルパイを一人分にカットして、穴を開けた感じ…。っ(゚∀゚)ぅ美味そうだ~


[113](上:進行方向 下:振り返り)
113FIRST-1095
↑そのアップルパイの反対側(先ほど[112]の90°左)もまだ道っぽく続いている…。 そして、アップルパイの先端方は↓
113LAST-1096


[114]
114-1080
↑この右(海)のずーっと向うはアメリカ…パプアニューギニアかオーストラリアだなぁ…とか考えながら進む。


[115]
115-1100
↑東映映画のタイトルみたいな荒波が…(゚Д゚;) これが外房の海なんだな。(←いや、他でもそーでしょうに。)


[116](上:進行方向 下:振り返り)
116FIRST-1101
↑カクっと90°左へ曲がると、まだまだ行けそうだ。 日陰と日向の堺辺りで振り返ったのが↓
116LAST-1107


[117]
117-1102
↑もう既に道も何も無い(判らない)のだが…


[118]
118-1108
↑途中に小屋が在ったり、その先に橋が在ったり…するが…


[119]
119-1110
↑僕達の目的(希望)は、あの向うの山の地中。 まぁ、ソレについては機会があったらお話しますけど…?
 しかし、これ以上濡れないで進むのは無理なので、本日はここで終了。(´・ω・`)(←猫じゃあるまいし…)


[120]
120-1093
↑最後にこの隧道(トンネル)の諸元(スペック)を測ったのだが…
 《高さ)》・《)》・《延長)》…ちょっと目盛りが読めないんで…《延長(接近画))》   《元に戻す》
 と、ゆー訳で… 高さ:約1.8m 幅:約1.0m 延長:約1.4m ってところで…千葉県で2番目に短い隧道ではないでしょうか…?
 因みに1番短いのは『法華崎隧道』ってゆー事で…今回も負けた…(*´Д`)…って別に競っている訳ではないけど。(笑)【ご参考⇒ヨッキ先生のレポ:法華崎隧道】 


[121]
121-P1740_censored
↑なんかお二人で語り合ってるぅ~(゚∀゚) きっと、神奈川県からコレだけを見にきたdoodoongooさんは大満足なんだろう…。
↑の実際は…↓
doodoongoo「なんか…まききёって八方美人じゃない…? それと、さっき隧道とスカートは短いのが一番!って海へ叫んでいたし…ヤバくね?」
パパゲーノ先生「うーん…確かに…オイラも前から変だなーって…。 この前は皆の前で●●●●●●だったから、こっちも大変だったよ…(*´Д`)」



うんうん、海ってイイなぁ~(゚∀゚) それでは、またっ★

tunnel_makiki at 12:52|PermalinkComments(0)